↓PR:結局男同士で出会うにはどうしたらいいの?その悩みの答えがここにあります。

ゲイが会うためにはチャットがいいの?

ゲイが出会うためにはどういった方法があるでしょうか。

思い浮かべるものとしてはハッテン場やクルージングスペースなど実際にある店舗に行って出会うもの、
インターネットでのチャットや掲示板など様々なあるかと思います。
これらで一番どれが良いのでしょうか。
実際の店舗のものは、その時その時来ている人としか出会うことができません。
そのため、インターネットで相手を探すのが一番良いと言えるでしょう。

 

ですがこのインターネットでの出会いとうものは気をつけなければいけません。
誰でも気軽に書き込めるものであるとゲイというジャンル上、
そのサイトが荒れやすいという部分があります。
そうなると出来るだけ閉鎖的なものの方が良いのですが、
チャットのようなサービスですと、相手を探すのがとても難しいです。
チャットなどは、基本的にあらかじめ相手を知っている必要があります。
そのためにチャットのみで出会いを探すのは難しいです。
では、どういったところで探すのが良いのでしょうか。

 

相手を探すことができて更にある程度閉鎖的であるものとしては、

出会い系のコミュニティサイトがあります。これらの多くは会員制です。
会員制なのでいたずらで書き込まれることはほとんどありませんし、
相手を探すのもとても簡単です。
相手が書き込んだものに対してメッセージを送るという手軽さですし、
サイトによってはマッチング機能などで
自分にピッタリの相手を自動で見つけてくれることもあります。
このようにいったん会員登録さえしてしまえば
とても簡単に相手を見つけることができるので、
インターネットで出会いを求めているとう人にはとてもおすすめです!
それに会員登録自体もインターネットで完結しますので、
すぐに始めることができるんです。

チャットで出会いを見つけたいと思ったら読むコンテンツ一覧


好みのゲイ男性が見つかるサイトをご紹介


ゲイ男性との出会いを探そう


人にはそれぞれタイプがあります。
人がより多く集まる所の方が自分の好みのゲイ男性が見つかる可能性が高いのは言うまでもありません。

コチラのページでは、多くのゲイ男性で賑わう人気のコミュニティサイトをご紹介しております。
登録は無料なので気軽にアクセス下さい。

チャットの楽しさについて

もちろんゲイじゃなくとも、チャットを経験したことがある、という方は多いのではないでしょうか。
チャットの楽しさは、文字だけで相手と会話を進めていくことにあります。

 

その昔、チャットというと、2ショットチャットなどと言うのがとても流行した記憶があります。
専用のお相手募集掲示板みたいなものもあって、そこで相手を見つけてから、待ち合わせをしてチャットルームに入るんですね。
チャットルームは2ショットなので、自分と相手以外は見えないような構造になっています。
今でこそ、SNSサイトなど多くのマッチングサイトが生まれてきましたが、当時のこの2ショットチャットこそが、マッチングサイトの元祖と言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

文字だけというと、なんだか無機質な気がしてしまうかもしれませんが、
しかし実際にチャットを始めてみると、話相手が居るということはとても楽しいことだということに気がつきます。

 

面白いレスが次から次へとついていくので、ついつい時間を忘れて会話を楽しんでしまうというわけですね。
チャットに少し慣れてくると、顔文字というものも使うようになります。
ベーシックな例だと「(^o^)」なんかはよく使う例なんじゃないでしょうか。
その昔はこのマークはスマイリーマークなんて呼ばれ方をしていました。
これがあると文字に表情が出てくるので、なんだか温かみのある雰囲気を出すことができます。

 

ゲイの世界では、まだまだ出会いのきっかけとしてチャットは頻繁に用いられている印象がありますね!
チャット機能が充実しているコミュニティサイトも多いので、この機会に使ってみるのもおすすめかな、なんて思ったりしています。

ゲイ同士でチャットをしてみる

ゲイ男性同士で会話を楽しみたいと思ったら、ゲイバーやハッテン場に遊びに行くのが基本なのではないでしょうか。
しかし、いきなりゲイバーやハッテン場では刺激が強いし怖いこともあるかもしれない…と思うこともあるかもしれません。

 

そんな方におすすめなのが、ゲイ専用コミュニティサイトのチャット機能を活用してみるということです。
最近では、コミュニティサイトも機能が充実しているサイトが増えてきており、チャット機能が標準で使えるサイトも増えてきています。
こういったサイトを上手に活用してみることで、ゲイ同士の出会いの可能性を広げることができると言えます。
いきなりゲイバーやハッテン場にいくと、会ってすぐに「本番」を迫られてしまうこともあるかもしれませんが、
チャットの場合であればまずは文字だけのやりとりなので、そういった心配を被ることもないのではないでしょうか。

 

文字だけの会話なので、まずは相手の人となりを知ることができるので、安心とも言えますよね。

 

仮にチャット機能がサイトに備わっていない場合は、メール機能をしっかりと使いこなすことが大切だと言えます。
メールの場合、リアルタイムにはなりませんが、これも先に文字で相手の「ひととなり」を知ることが出来ますよね。
相手がどういう人かをじっくりと確認した上で出会いを進めることができれば、いきなりハッテン場等に行くよりも安心なのではないでしょうか。
少なくとも、好みでもない男性に、いきなり迫られるという危険性は回避できるはずです。

 

 

また、SNSサイトの場合は相手の写真などを予め確認できる場合があるので、写真で、相手の雰囲気を確認してから会うかどうかを決めてみるのも良いと思います。
SNSサイト内では、チャット機能やメール機能、写真機能などを上手に活用して、好みの男性と出会えるようにするのがおすすめです。

それではチャットを始めてみましょう

 

たとえば、コミュニティサービスなどを上手に活用すれば、ゲイ同士でも、簡単にチャットの相手を見つけることができます。
実際にチャットの相手を見つけることができたら、チャットサイトに誘導してみたり、またはコミュニティサイト内のチャット機能を活用してみるというのも手でしょう。
チャットの時に気をつけたいことは、PCの画面の先には生身の人間が居るということです。
お互いに上手に気遣いをしながら会話を楽しむことが大切です。
下記に、会話の例を提示してみました。

 

 

チャットの会話例 ~挨拶辺~

 

「こんにちは^^」

 

「こんにちは!元気?」

 

「元気だよ^^そっちは?」

 

「俺も元気^^ どんな話をしようか?」

 

「う~ん、やっぱりあれの話?(笑)」

 

「ええ^^まだ早いんじゃないの?でも俺もそんな気分だけど…^^」

 

etc...
こんな感じで、明るい感じでお互いに会話を進められると、面白いかもしれませんね(^^)
明るい感じで話を進めて、少しずつお互いのパーソナルな部分に話を深めていけると良いかも知れないなと思います。

 

チャットで話を進める際には、質問内容として、

・どこに住んでいるか?
・どんな人が好みなのか?
・(ちょっとディープな話をするなら)タチ? ウケ?

なんかを聞いてみるのも面白いかもしれませんね(^^)

 

実際に、チャットが始まったら、相手の様子を見ながら徐々に深い話に入っていくのも、ドキドキして良いと思います。
まだ、勇気が無くてチャットなんかしたことない!という方は、まずはチャットをしてみるところから始めてみましょう!新たな世界が開けるかもしれません♪

チャットで素敵な人を見つけたら

 

男同士でチャットをしていると、きっと「あっ、この人良い感じかもしれない!」と思うケースも出てくると思います。
もしそんな人とチャットをすることができたら、それは良い出会いかもしれませんので、積極的に相手を誘ってみるのも面白いかもしれません。

 

たとえば、例としてはこんな感じです。

 

 

 

 

近所の人なら、そのまま会うことだってできるかもしれないわけです。

 

「そういえばさ、○○ってどこに住んでるの?」

 

「んー、◆◆かな?山手線の」

 

「マジで!関東だったら近いかも^^よかったら今度遊んでみない?」

 

「いいよ!少し緊張するけど、俺たち気が合うみたいだしね^^」

 

なんて話ができるかもしれません♪

 

ただ、チャットサイトによっては、安全面から会員同士の「出会い」を禁止している場所もあるかもしれませんので、
そこはお互いがしっかりと確認した上で話を進めていった方が無難かなとは思います。

 

例外として、いわゆる「出会い系サイト」として運営しているチャットサイトは、
警察等にも届けを出し、安全面に気を配った上で、出会いを認めているサイトになります。

 

こういったサイトなら、会員同士で実際に会ってみることは何の問題にもなりませんので、積極的に出会わないと、損かもしれないですよね。

 

サイトの規約をしっかり確認して、気が合う仲間を探していくと楽しいと思います(^^)

 

また、このサイトでは、特に男同士の出会いにおすすめできる出会い系サイトも紹介していますので、ぜひ興味がある方は覗いてみてください。
今まで見えなかった、素敵な世界が見えるきっかけになるかもしれません(^^)


このページの先頭へ戻る